「V・ファーレン長崎」をJ1に昇格させた「元ジャパネットたかた」の高田明氏の地元愛が熱い!

サッカーJ2で昨季2017年は下位に低迷し、J3への降格も危惧されていていた長崎県を拠点とする「V・ファーレン長崎」は3億円の累積赤字が発覚するなど経営危機が表面化し、リーグ戦の参加どころかクラブ消滅の危機に瀕していた。 その危機的状況を救ったのは、ジャパネットたかた元社長の高田明氏。 高田氏は、「通販事業(ジャパネットたかた)で成功したノウハウはサッカーの経営にも十分に通じる」と信じ

続きを読む