「アメリカ・シニアベンチャーの成功率70%」から日本人シニア起業成功の可能性を探る

中小企業白書によれば、日本の開廃業率は、開業率が5%前後、廃業率が6%前後で推移しており、廃業が開業を上回っていることが発表されています。また、日本政策金融公庫による2017年発表資料によれば、50歳以上のシニア起業率は、全体の13.5%程度となっています。 2014年に世界銀行が行なった起業環境に関する国際比較によれば、開業に要する手続き、時間、コストを総合的に評価した場合、日本の起業環境

続きを読む

心の力、思いの力こそ、夢を叶えるための原動力

2011年の東日本大震災以降、熊本、鳥取の地震もあり、TVをつければ、政治は混沌としており、経済も低迷したまま、不況は長引き、リストラ、倒産、就職難、おまけに北朝鮮のミサイル危機など、暗いニュースばかり。その原因は、やはり日本人が夢を描けなくなっているからではないかと思います。 日本人は、空気に流されやすい国民です。暗いニュースばかり見ていると、人口減少と高齢化社会で「日本はもう最盛期を過ぎ

続きを読む

10年、20年先の「設計図」に合わせて未来を創る『マイルストーン思考』

日本の新聞は、北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)と韓国大統領・文在寅(ムン・ジェイン)の会談を「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した」と歴史的大事業のように報道しているが、これは日本にとっては、恐るべき事態が起きているということを多くの日本人は知らないのです。 では、彼ら朝鮮半島の目標とは何なのでしょうか。それは日本に謝罪させたいという共通の”目的”がそこ

続きを読む

シニアが「幸せな第二の人生」を開く鍵

「定年まで勤めて退職後に、夢だった蕎麦屋を開業したい」 こんなシニアの話をよく、TVなどでも見たり聞いたりすることがあります。 でもこんなシニア起業は、やめた方がよいでしょう。勿論、市場調査を十分に行い、資金もたっぷり、そば作りの技術もプロ肌で、若干の失敗も織り込み済み、という考えなら、一度はトライしてみてもいいのかもしれません。 ただ、シニアの起業は、できるだけリスクの無い起業

続きを読む

シニア起業は「PDCAサイクル」を回して事業を大きくしていく考え方が成功へと導く

PDCAサイクル

「PDCAサイクル」とは 「PDCAサイクル」(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つで、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善することである。 「PDCA」とは、第二次世界大戦後、品質管理を構築し

続きを読む

シニアが起業して成功者となるための3つの条件

起業する方は、何らかの成功、「お金」「地位」「名誉」等々、何かを目標にして起業するのでしょうが、その成功者になるための条件があるのでしょうか。 これまで沢山の書籍を読んできましたが、成功者の条件というものを抽出することは難しいものだと思います。 私も成功を目指し様々な本を読んで感じたのですが、それは、やはりあると思っています。 例えば、アメリカの超一流大学を卒業したエリー

続きを読む