心の力、思いの力こそ、夢を叶えるための原動力

2011年の東日本大震災以降、熊本、鳥取の地震もあり、TVをつければ、政治は混沌としており、経済も低迷したまま、不況は長引き、リストラ、倒産、就職難、おまけに北朝鮮のミサイル危機など、暗いニュースばかり。その原因は、やはり日本人が夢を描けなくなっているからではないかと思います。

日本人は、空気に流されやすい国民です。暗いニュースばかり見ていると、人口減少と高齢化社会で「日本はもう最盛期を過ぎて、このまま衰退していくのではないか」といった思いに囚われてしまいそうです。「未来は暗い」という日本人の集合想念が出来上がって、日本全体が、未来に対する不安や恐怖心に支配されているような感じもあります。

ですが、このような時代であるからこそ「心の力こそ、夢を叶えるための原動力なのだ」ということを知っていただきたいものです。

「思いの力によって未来は開ける」「夢は思いの力によって叶えるもの」ということを、世の中の一人でも多くの人に知っていただきたいと思います。

その人が「考えていることがその人自身である」

「あなたが考えていることが、あなた自身である」

これは、過去の賢人たちが、みな同じように言っています。ジェームズ・アレン、ウィリアム・ジェームズ、エマソン、もっと遡れば、仏陀もソクラテスも言っています。

「その人が考えていることが、その人自身である」ということは、「自分の思いや考えが、現在の自分自身を作っている」ということです。それは、「自身の人生の幸福も不幸も自身の責任である」ということを現わしています。

これは考えを変えてみるなら、「自分の考え方次第で幸福になれる」ということなのです。

心のなかに、夢や希望、大志を抱いて理想を持ち続けて生きるならば、その理想は必ず実現するとうことです。これが心の秘密なのだということです。

多くの人に「あなたは、幸せになりたいですか?」と質問したら、余程の天邪鬼でないかぎり「幸福になりたい」と答えると思うのです。「夢を叶えたいですか」と聞いたら、「それは叶えたい」と言うだろうと思います。

しかし、他人の眼から見ると、「幸福になる」チャンスが巡ってきても、幸福になる自身がないとか、「成功するチャンス」が訪れても、自分はそんな器でないとか、そういうネガティブなことを言って、みすみすチャンスを棒に振る人が多いことだと思います。

また、過去に囚われている人もいるでしょうか。「過去に親にこんなことを言われた」「友達の一言にショックを受け、自身をなくした」と。こういう「一言」に縛られていて、自分はこういう駄目な人間なんだと決めつけ、自己卑下している人もいるでしょうが、このような過去に囚われていては、心の力、思いの力を発揮する余地はないのです。

高校の時、友達はみんな将来、
Googleで働きたいと言っていた。

けれど、私は、そこで検索される人になりたいと思った。
-- Lady Gaga レディー・ガガ --

人生の成功者は「思いの力」を使っている

「思いの力」を変えるだけで、夢が叶うのなら、「誰でも夢を叶え、成功しているんじゃない!人生そんな甘いもんじゃないよ」ということを言う人は、きっといることと思います。確かにそれが現実であり、私も過去にはそういう風に思っていました。

確かに、夢を叶える人がいる一方で、また夢を叶えられない人がいるのも事実です。

その違いは、どこにあるのでしょうか。夢を叶え成功している人は、「いかなる環境であっても、”思いの力”で人生は変えて、夢を叶えることができる」ということを心から信じている人たちなのです。

「思いの力で成功する」と聞いても、ああそうなんだ。と思っただけで終わる人は、そのままでは、何も変わりません。しかし、「自分も思いの力で夢を叶えたい」と心から信じきって、実現させようとする人は、時間を追ってその夢は叶っていくのです。その思いで、すでに「思いの力」を使っているのです。

夢を見ることができれば、
それは実現できるのです。
信じると決めたなら、何も語らず、

疑うことなく、心から信じるのです。
ーー Walt Disney ウォルト・ディズニー ーー

心の中に夢を描き続ける「夢人間」になろう

現実には、年をくっているとか、環境が悪いとか、そういうこともあるでしょう。とてもとても夢を持つなんてできないということもあるでしょう。

しかし、世間がどうであろうとも、また他人が何と言おうとも、叶えたい夢があるならば、夢を描くことを止めないことです。夢は一回描いたら終わりではないのです。日々、心に描き続けることが大事なのです。昨日は夢は描くことができても、今日は現実問題で、夢を描くことが出来ない日もあるでしょう。しかし、夢を描くことを止めないことです。心の中に夢を持てる日を、一日一日と増やしていくこと。月に一回が、週に一回、そして毎日毎日、夢を描いていけるようにしていくことです。それが出来たなら、あなたは「夢人間」です。

一瞬、一瞬に心の中に夢を描き、心に夢を描き続けていける人なら、あなたの夢はきっと叶うはずです。

そして「思いの力」で、一番の力を発揮するのは、「信じる力」「信じ切る力」です。

人間の本質は、肉体ではなく心です。

「信じる力」とは、心の最大の力なのです。

「信じる力」は、心を輝かせ、人生を輝かせ、未来への希望を人に与えることができます。

「心の力」に気づいた人は、自分に自信を持つことが出来、人生を輝かしていくことが出来ます。

多くの日本人が、「心の力」を解き放つことができ「夢人間」となるなら、日本の未来は、また輝きを取り戻していくことでしょう。

私は決して失望などしない。
どんな失敗も新たな一歩となるから。
ーーThomas Alva Edison トーマス・エジソン ーー



コメントは受け付けていません。