シニアが起業で成功するためのチェックリスト

起業して成功するためのチェックする項目はたくさんあるのですが、ビジネスプラン、資金、協力者、マインドなど、主なチェックリストをまとめました。

起業時に全ての項目をクリアしていることが望ましいですが、そうでない場合は、どの部分が不十分であるかを認識して、今後どのようにクリアしていくかの目途を立てておくことが大切です。

◎ビジネスプランのチェックポイント

起業するに当たっては、ビジネスプランを綿密に考えておくことが大事です。次に示すようなビジネスプランのチェックポイントを練っておくことが必要です。

・将来目指すべきビジョン、構想力が明確になっているか
・経営の基本となる自分なりの経営理念があるか
・困難があって継続できるイブンの好きな分野であるか
・商品、サービスに独創性があり、競合と差別できるか
・自分の強み(経験、知識、技術、資格等)を活かせる分野か
・販売するターゲット層が明確になっているか
・主な販売方法(対面、インターネット等)が明確になっているか
・儲けるための仕組み(幾らで仕入れて幾らで売るかなど)が明確になっているか
・一時的にではなく継続できるビジネスモデルになっているか
・外部の人にも説明できるような5年後までの事業計画があるか
・適切な企業形態(個人事業、株式会社等)が明確になっているか

起業して経営者になったなら、次に必要なことは、「構想力」です。経営者は、全体の枠組み、業務の形態、全体的なビジョンを描く力が非常に重要になってきます。この構想力を持っていなければ会社は発展していきません。ルーティン的な業務に埋没し、目先の作業だけに熱中しているだけでは、経営者として失格です。

構想力は、経営理念とは違います。経営理念は、会社の存在意義を決めるものですが、構想力とは、事業のあるべき姿、向かうべき姿です。「どのように仕事を事業化し、どのような規模にしていくか。そして、どのような方向に事業を進めていくか」という構想力を練っておく必要があります。

事業のビジョン、会社全体の構想を繰り返し考えて、継続してビジネスモデルを造り出していくことが大事です。

◎起業資金のチェックポイント

事業を起こすときは、普通は「銀行から資金を借りる」という考え方をする方が多いのですが、これまで会社員だった方が、会社を起こし独立すれば、お金を借りるということが非常に難しいことになります。貸金業法では、総量規制という「年収の1/3しか貸してはいけない」という国の規制があるからです。

「銀行から借金をして、三年ぐらいで黒字化する」という考え方をする方も多いのですが、それは平凡な考えであり、3年の間で黒字化できず、事業継続することができず、潰れていくものが多いようです。

また、起業して経営者となり資金を借りることになれば、経営者の個人資産は、殆どが担保に入ることになります。経営者は、経営に失敗した時には、担保に入っている家や預金など、全てを取り上げられることになるのです。

起業の資金、運転資金などお金に関するチェックポイントは、非常に大事になりますので、慎重を期して確認しておきましょう。

可能なら、起業する時は、資金を借りることなく手金、持ち金で起業するスタイルを採るのが良いと思います。シニアが起業する場合は、借金をせず、退職金の一部などを起業資金に廻すということも検討してみましょう。

・初期投資金額を最低でも2年程度で回収できるかどうか
・どの程度の初期投資資金が必要なのか明確になっているか
・どの程度の運転資金が必要なのか明確になっているか
・起業後の不安定な時期を乗り切るための詳細な資金計画があるか
・中古品の活用等投下資金を最低限に抑える工夫をしているか
・必要資金について自己資金で足りる、または資金調達の目処が立っているか
・借入金の返済等も含めた長期的な資金計画があるか
・助成金や優遇融資など公的資金を活用する、または検討したか
・当面の生活費については確保できているか
・事業が上手く行かない場合の撤退ラインを設定している

◎事業の協力者のチェックポイント

起業する場合、人との関りは非常に大事になります。

特に経営に関しては、相談する人は限られてきます。経営の相談ができる人を数多く作っておくことが、起業して成功していくにはとても大事です。特に長年、経営に携わっている方の意見は大事になりますので、是非そういう方を探して経営知識を伝授してもらえるパートナーになっていただきましょう。

・業務上の協力を貰えそうな知人がいるか
・起業直後から顧客になってくれそうな見込み客がいるか
・勤めていた会社や同僚などから協力を得られそうであるか
・仕事に行き詰ったときに相談できそうな先輩経営者がいるか
・プライベートも含めて何でも相談できる友人がいるか

起業に足りない知識やスキル、ノウハウは、自分で一から試行錯誤しながら身に付けていくよりも、独立・起業して成功している経営者に直接聞いてみるのが手っ取り早いのです。起業への意思が中途半端なものでなければ、真剣に聞いてくれるでしょう。起業家の先輩達に話を聞いているうちに、資金の援助や仕事の話も貰えることも出てきます。

◎家族の理解、協力を得ること

会社員であれば、例え仕事の成果がどうあれ、給料日には一定の収入が入ってきます。ところが、独立起業すると、自分の給料の支給も自分がすることになります。小売業などの現金収入がある場合は売り上げから支給できますが、会社間の取引であれば、今月の仕事の報酬は早くても来月、遅い場合は、半年後という場合もあります。その間収入が無い状態になります。その説明不足から、奥さんの心配、不安が募ってきます。パートナーに理解を得て、コミュニケーションを良好にしておくことがスムーズな起業の成功ポイントになります。

家族や親族から次のようなチェックポイントについて念を押して確認しておきましょう。

・起業する事業内容や将来像について理解を得ているか
・一時的な収入減少などの経済的影響について理解を得ているか
・会社を辞めて起業することについて基本的な理解を得ているか
・家族と過ごす時間などライフスタイルの変化について理解を得ているか
・仕事面で協力してもらいたいこと(事務作業など)について理解を得ているか

◎マインド・健康のチェックポイント

会社員の時には、病気になっても有給休暇で休んだりできますが、一人で独立起業した場合は、身体を壊したら、翌日の仕事すら代わりをしてくれる人はいません。勿論有給休暇などはありません。独立までに、人間ドックなどで徹底的に検査をし、健康面に不安がある場合は、独立までに治療をして、独立までに治しておくことが必要です。

・起業に耐えられる健康状態であり、その増進に努めている
・起業に耐えられる強靭な精神力があるか
・今が起業すべきタイミングであると確信できるか
・起業することで自分の幸せに近づけるという確信があるか
・起業の成功イメージが明確になっているか(収益重視、社会貢献視など)

◎基本的な経営知識についてのチェックポイント

独立起業する場合は、会計、経理、決算、資金繰り、マーケッティングなど様々な経営知識が必要になります。また法律に関する知識も求められてくることもあります。そして、パソコンは仕事の効率に大きく影響します。起業すると、何でも自分でこなさなければいけなくなるので、時間がいくらあっても足りません。そのため、如何に効率的に作業をこなしていくかが重要になってきます。当たり前ですが、実はパソコン力は起業する時の必須スキルなのです。シニアで起業しようと考えている場合で、パソコンのスキルの無い方は、起業しないほうが無難でしょう。

・パソコンについては基本的ソフトは使いこなせる
・マーケッティングに関する基本的な知識がある
・簿記や資金繰り、BS・PLなどの経理に関する基本的な知識がある
・管理会計など経営管理に関する基本的な知識がある
・問題解決手法(問題抽出、課題設定など)について基本的な知識がある

以上、数多くのチェックポイントを挙げましたが、それぞれの項目について、〇×△の三段階でチェックするのがよいでしょう。但し、全部が〇であれば起業して成功するというものではありませんし、また、×が多いからといって、必ずしも失敗するというものではありません。△×については、一旦起業してからは、今後の課題としていって、事業が継続していくことができるようにチェックポイントを潰していくようにしていくことも大事です。

また、チェックリストをクリアしているかどうかの判断は、「自己判断」だけではなく、第三者に客観的な判断をしてもらうことも有効です。

【関連記事】
起業に必要なクリアすべき7つの条件
 





コメントは受け付けていません。