売れる商品やサービスをつくる3つの視点

初めて起業して、商品やサービスの価格を決めるのは、結構難しいのではないのでしょうか。 価格は、買ってくれるユーザが商品やサービスを購入する際の大きなポイントになりますし、会社の利益にも直結します。高いと商品が売れないし、また安いと顧客も不信感を持って商品を買ってくれないということもあります。 商品の価格設定は、基本的には、商品やサービスにかかるコストから算出した原価を最低価格として、顧

続きを読む

シニア起業の成功事例「定年起業は自分の強みを活かす」

会社を定年退職したら、これまでの経験を活かして起業したいと考えているシニアは多くいるでしょう。 そういうシニアで起業して成功している方は、「利益」よりも「社会との繋がり」「働きがい」などを目的にして起業している方が多いようです。 また、会社の在職中に起業の準備をしている方は、定年後にスムーズにシニア起業ができます。 そんなシニア起業の成功事例と成功のポイントを紹介します。 定年

続きを読む

起業に必要なクリアすべき7つの条件

シニアが起業して事業を立ち上げる場合、どのような条件をクリアしている必要があるのか、何をクリアしておけばよいのか、今一分かっていないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。 私もこれから何年か先になると思いますが起業を考えている訳ですが、起業を考えている方の何らかの参考になればと思って、これまでに私が考えてきた『起業に必要なクリアすべき7つの条件』を披露しておきたいと思います。

続きを読む

シニア起業は「PDCAサイクル」を回して事業を大きくしていく考え方が成功へと導く

PDCAサイクル

「PDCAサイクル」とは 「PDCAサイクル」(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つで、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善することである。 「PDCA」とは、第二次世界大戦後、品質管理を構築し

続きを読む

今の時代の起業には「10%起業」という考え方が必要

現場報告 銀行員がどんどん辞めている 2018/04/16 07:00 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、2017年11月、組織構造を大幅に見直す計画を発表した。7.9万人の行員のうち1.9万人を2026年度末までに削減、約500店ある店舗も24年度末までに約100店舗減らすという。三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループも、これに追随し、3メガバンク合計で、3

続きを読む

シニアが起業して成功者となるための3つの条件

起業する方は、何らかの成功、「お金」「地位」「名誉」等々、何かを目標にして起業するのでしょうが、その成功者になるための条件があるのでしょうか。 これまで沢山の書籍を読んできましたが、成功者の条件というものを抽出することは難しいものだと思います。 私も成功を目指し様々な本を読んで感じたのですが、それは、やはりあると思っています。 例えば、アメリカの超一流大学を卒業したエリー

続きを読む

シニアの起業は、レッドオーシャンで戦うよりも、ニッチマーケットでトップを目指す!

シニアが起業して場合に取るべき戦略は幾つかあると思います。 代表的に挙げられ企業の戦略には、「レッドオーシャン戦略」と「ブルーオーシャン戦略」、「ニッチ戦略」の3つの戦い方があります。 「レッドオーシャン戦略」とは、その業界においての競争熾烈な状況で戦っていく戦略です。 品質、価格や、機能、サービスなどの様々な面で競争し、血みどろの戦いを繰り広げなくてはいけない競争の激し

続きを読む

シニア起業家も取り入れたいDELLマイケ・ルデル氏のBTO/MTOという「持たざる経営」

PC販売会社として今や世界的企業となっている「DELL(デル)」は皆さんご存知だと思います。 デル(Dell)は、アメリカ・テキサス州ラウンドロックに本社を置く、現在のCEOであるマイケル・デル(Michael Saul Dell)氏が起こした世界市場トップレベルのシェアを持つエンドツーエンドのソリューション・プロバイダーです。 デルは、創業当時には「コンピュータレス・コンピュータ企業

続きを読む

■シニアが起業を考えたときに「持つべき考え方」

桜が満開です。綺麗に咲いた桜も、もう少しすれば散り始めてあっという間に葉桜になってしまうんでしょうね。諸行は無常ですね。 シニアが起業する場合において大事な考え方について披露しておきたいと思います。それは私なら、まず自分の内面を変えることから始まると考えています。人は心の内で考えていることが外面に表出すると考えているからです。 シニアが起業するならば(もちろん若い方でも)、是非この考え

続きを読む