シニア世代のこれからの生き方考え方について

『人生二分の計』―人生は後半戦が勝負だ!

最近は、政治の世界が喧しい限りです。 「森友学園問題」に始まり、「加計学園問題」、自衛隊の「日報問題」、官僚の「セクハラ問題」、4/25日には、林芳正文部科学相が平日の昼間に公用車を使い東京都内のヨガ店を訪れた問題で、野党に加えて与党からも批判が上がっているようです。 不祥事が相次ぐ安倍政権は、もう末期的症状を呈している様です。 北朝鮮では、核開発を完了させたようなのに、この国の

続きを読む

シニアが「幸せな第二の人生」を開く鍵

「定年まで勤めて退職後に、夢だった蕎麦屋を開業したい」 こんなシニアの話をよく、TVなどでも見たり聞いたりすることがあります。 でもこんなシニア起業は、やめた方がよいでしょう。勿論、市場調査を十分に行い、資金もたっぷり、そば作りの技術もプロ肌で、若干の失敗も織り込み済み、という考えなら、一度はトライしてみてもいいのかもしれません。 ただ、シニアの起業は、できるだけリスクの無い起業

続きを読む

若者の「就活」&シニアの「終活」について考えてみた。

終活

大学生や若者の「就活」とシニアの「終活」を引っかけて考えてみました。 現代社会というのは、人々のする「仕事」で成り立っています。シニアにとって「就活」はもう過去のことでしょうが、若い方にとっては、現実問題です。 現代社会では、様々な仕事があり、様々な人が色んな所で働き、それぞれの生計を立てています。 若い人にとっての「就職することの意義」、シニアにとっての「就職することの意義」は

続きを読む

シニア世代は、自分の今の仕事で『本来の使命が果たせるか』という考え方を

使命・天命

今の自分の仕事に、「本来の自分の使命があるかどうか」ということを考えることは、殆どの方はあまりないとは思います。 まあ、それを常々考えている人は、多分、問題意識のある方だと思われます。 『仕事とは何なのか?』 『人生とは何なのか?』 『いま、なぜ自分はここで生きているのか?』 『生きるということは、どういうことなのか?』 『いまの仕事は自分の本来すべき仕事である

続きを読む