「ヒーローズジャーニーの法則」強みを活かして人生を輝かせよう!

みんなと同じであれば、安心してしまう傾向のある私たち日本人。

そういう心の癖が、今の元気ない日本をつくっているような気がしてなりません。

日本人は、潜在的に素晴らしいものを持っているのに、なぜもっと世界にそれを発信しないの?

外国の方からは、そんな声が聞こえてくるようです。

本来は全ての人に、その人ならではの強み、長所、得意なことや美点があるはずです。

世の中で輝いている人は皆、その強みを発揮しているのだと思います。

日々の中で、生活の中で、封印している、あなたの強みを開花してみようではありませんか。

強みを発見する「ヒーローズジャーニーの法則」

「ジョーゼフ・キャンベル」氏が世界中の神話を研究することによって、人が強みを活かして歩んでいくときの法則なるものがあることを発見しています。

その法則が「ヒーローズジャーニーの法則」です。

「ハリーポッター」「スターウォーズ」などは、その法則の基に作られているそうです。

この法則は、「神様が創った自己成長のパターン」とも言われています。

そのパターンは、まず、①天からインスピレーションが降りてくる。そして、このインスピレーションによって、「●●をしよう」と心に決める。

②そして、心に決めた道を歩み始めます。

③道を歩みながら成長してスキルを上げていく。

④その途中でマスターに出会い、更に能力を伸ばしていく。

④ところが魔が現れ、負けることで自身を喪失する。

⑤しかし、反省して、傲慢さやエゴが消えると、

⑦マスターが再び現れて指導してくれるようになる。

⑧そして、人生の目的や使命に目覚める。

⑨その目的に向かって前進していると、

⑩目的に共鳴する仲間が集まってきて更にパワーアップする。

⑪そして、心が通った仲間と共に、魔に打ち勝ち、

⑫最後は、真のリーダーとなって故郷に帰還する。というストーリーです。

これ、どこかで聞いたことのあるストーリーですよね。

このストーリーを自分の人生のに当てはめてみれば、あなたが、今どこの局面にいるかが分かると思います。

そうすると、例えば、自分の人生に当てはめてみて「⑩の共感する仲間を集める」時期であると分かったなら、共感できる仲間を集め、夢や目標を語ることが大切であるということが分かったりします。そして、そこから自分の強みを引き出していくことができるようになります。

自分の強みを発見する

次に、自分の強みとは何かを一度、考えてみます。

仕事や商売などで言うとするならば、ライバルに勝っている部分を強みと言います。

しかし、根本的な意味で考えるなら、「①喜びを持って、ワクワクしながら、②人の役に立つ仕事などをしながら、③やれば、やるほど自己重要感”が増していく。」ことが、自己の強みと言えるのではないかと思います。

「自己重要感」というのは、「自分の気持ちよく頑張っている」「社会や世の中の役に立っている」という感覚です。これは、必ずしもライバルに勝つというような強みとは一致はしないことはあります。

コーチングの手法などでは、自分の強みを発見する手法がよく使われています。

「自分のやりたいこと」「自分のできること」「自分のやるべきこと」の3つを考えて、紙やノートに書き込んでいきます。

この3つについて、複数の「やりたいこと」、「できること」、「やるべきこと」をどんどん挙げていきます。

書き込むことができたら、「やりたいこと」、「できること」、「やるべきこと」の3つの中で重なっていることがないか確認してみます。

ポジティブ心理学では、「やりたいこと」、「できること」、「やるべきこと」の3つに書き込んだことが、同時に機能しているときが、強みが最大限に発揮されている幸福な状態であると言われています。

つまり、「やるべきこと」と「できること」が、「やりたいこと」ならば、あなたの強は最大に発揮できるということなのです。

この視点で、自分の強みについて考えてみると、きっと新しい発見があると思います。

「ヒーローインタビュー」で強みを発見する

もう1つコーチングで強みを発見する手法を紹介します。

それは、「ヒーローインタビュー」といって、「あなたがヒーローだった時の記憶を話してください」「あなたは、どんなものに興味関心がありますか?」等と、マスコミが、スーパースターにインタビューをするように質問するのです。これは、通常コーチが質問を行うのですが、これを自分が自分に質問することで行ってみます。

この質問をしながら、自問自答して観察してみます。そして「繰り返し話していること」、「詳しく話していること」は何かを確認してみることです。

自分は、何が強いかをよく知っています。詳しくて、興味があるものは、長く楽しく考えることができます。更に、「足りない」「できない」と、繰り返して出てくる内容があれば、それはそこに、強い価値を感じている可能性があります。

価値を感じているから、満たしたいと思っていて、「足りない」という表現になるのです。この場合は、マインドブロックがかかっていることがありますので、強みを発揮するのは時間がかかる場合もあります。

あなたの強みを活かすヒント

●自分の強みに特化する

自分のことをトータルで見て、「大した才能がない」と思ったとしても、自分の持っている能力のなかで、どの部分が一番優れているかを良くみて、そこに特化し、そこをずっと掘り込んでいけば、ある程度は、世間に認められることはできると思います。

ですので、何でもかんでも勝とうとするのではなく、自分の強みを選び出していくことが大事であると思います。

●天職をしかして人生を輝かせる
大工道具にも色々あるように、鋸にはノコギリの役目があり、鑿にはノミの役目があり、鉋にはカンナの役目があります。

ですので、「自分は、どんな天職、どんな役割を果たすために生まれて来たのか」を考えてみることです。

「天職」に沿った仕事をすることで、自分の人生を輝かすことが大事であると思います。

●成功するには、人生は強みで勝負する
人生全般については、やはり自分に才能のある分野、強み分野で勝負すべきであると思います。

人生3万日です。人生は短いので、才能の無い分野で勝負しても勝算はありません。成功することもありません。

成功しようとするならば、やはり、自分の才能を生かして、強みの部分で勝負すべきでしょう。知力がある人は知力で、体力のある人は体力で、気力のある人は気力で、勝負すべきです。長所で戦うなら人生は勝利できるでしょうが、長所以外で、戦うなら人生は短すぎるのです。

●自分の花を咲かす
人生を一輪の花に譬えるならば、あなたは、あなたの花を咲かせることです。

薔薇の花か、チューリップの花か、桜の花か、あるいはタンポポの花か、それはあなた自身が、何の花であるか考えることです。

それぞれの花にそれぞれの美しさがあります。

あなたの花を花壇に咲かして、世界を美しく飾ろうではありませんか。

自分の中に潜んでいる最大の特徴は、いったい何であるのか。

最大の武器とは何であるのか、ということを考えてみることです。

これが、私たちが成功していくための元手になると思います。

この元手こそが、あなたの内に眠っている最大の資質ではないでしょうか。

 





コメントは受け付けていません。