人口減少社会・高齢化社会においてはシニア人材の「はた楽」が必要になる

総人口推計は1億2670万人 7年連続マイナス(毎日新聞:2018/4/14)

総務省が13日公表した2017年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は1億2670万6000人で、前年から22万7000人(0.18%)減った。マイナスは7年連続。65歳以上の高齢者は3515万2000人で全体の27.7%を占めた。人口減少は40道府県に及び、増加は7都県。増加率は東京都の0.73%が最高で、東京一極集中が続いている。

各業界で人手不足が深刻化する中、働き手の中核となる15~64歳の「生産人口」は7596万2000人で、全体に占める割合は60.0%へ低下。75歳以上は1748万2000人(13.8%)だった。(共同)

日本の総人口は2015年(平成27年)の国勢調査によれば、1億2709万人で,2010年(平成22年)の前回調査から96万人も減少したそうです。

また、総務省の報告では、「2060年には2.5人に1人が65歳以上となることが見込まれている」との報告がなされています。

現在の日本は、「人口減少社会」だけでなく「超高齢化社会」と言われて久しく、人口減少の原因は、若い人が子供を産まなくなっているのと、晩婚化しているという要因が挙げられています。

人口減少社会、少子高齢化社会がもたらすのは、はっきりしています。それは「労働力不足」です。確かに日本では多くの起業で労働力不足が心配されてきていますし、ベビーブーム世代の退職により、それははっきりと現出してきています。

私の年齢も65歳であり、他人事みたいに論じるつもりは毛頭ないのですが、やはりこれは政治だけに任せていていけないのではないかと思っています。

問題は、定年を過ぎた世代が年金だけにと頼ろうとすることも一因としてあるのではないのでしょうか。これからの日本は、2人の若者が1人の老人を支えなくてはいけないとか、1人の若者が1人の老人を支えなくてはいけないとか、というようなことが囁かれて久しいです。

これでは、若い人は堪らないでしょうし、これからの希望も失せてしまうのではないかと思います。

私は、何回も言っていますが、年金は事実上破綻していると思っています。しかし、政府与党である自民党などは「年金を完全に破綻させてしまっては、自分たちが選挙で票が取れない」という理由で、財務省やマスコミと口裏を合わせて増税をしているのだと思います。

医療や福祉関係に湯水の如く税金を投入し、その結果、寿命が延び、死ぬべき人が認知症になったりしたまま長生きし、みな80歳や90歳まで生きているような状況になっているように思います。老人になって死なない状況が続き、医療と年金に税金を投入しなければいけないので、ダブルで赤字を垂れ流している状況が、ずっと続いている状況なのだと思います。

やはり、ここは、厳しいですが、シニア世代、シルバー世代は考えを改めて、年をとっても体力があり、働く意欲のある方は、国に頼ろうとせず、働けばいいのではないでしょうか。基本的には、健康に気を付け、食事に気をつけ、病気をしないよう運動し、認知症などにならないよう様々なモノに興味関心を持ち、色々勉強したり、年をとっても仕事が続けられるような社会に移行していくべきだと思います。

是非とも、「はた楽」を実行して、シニア世代が日本の救世主になりましょう。

そうでなければ、このまま日本は人口が減少し、老人ばかりの国になって北欧の国みたいになって衰退していくのは火を見るよりも明らかです。

シニア世代は「生涯現役」で働きましょう。それが年金や医療などの税金を増やさず、日本に少しでも貢献できる道であると思います。

関連記事:「日本にはシニア人材、シルバー人材という希望がある!」






コメントは受け付けていません。