これからパソコン購入を検討しているシニアは「Chromebook」を検討してみては?

皆さんは「Chromebook」というものをご存知でしょうか?

私も「Chromebook」なるものを最近まで知りませんでした。

「Chromebook」とは、ユーザーがGoogleのWebブラウザである「Chrome」を快適に利用することができるように作られた新しいタイプのパソコンです。

Chromebookに搭載されているOS(オペレーティングシステム)は、マイクロソフトのWindowsや、アップルのMacOSなどとは異なるOSで、Googleが開発したLinuxベースのオープンソースのプロジェクトで開発された「Google Chrome OS」が採用されています。

つまり、ChromeOSは、文字通りGoogleのWebブラウザである「Chrome」だけを動かすことのできるOSなのです。

なぜ「Chromebook」を知ったかというと、私のWindows-PCの起動がやたら遅く感じるようになり、また軽くて持ち運びがよくて安価なノートパソコンはないかと探していて、「Chromebook」なるものを見つけました。そこで「chrombook」とはなんじゃろうかということで、ネットで検索して色々調べてみたところ色んな発見がありました。

Chromebookは、若い人は別として、まだ日本においては、まだそんなに認知度が高くないようなので、知らない方もかなりいると思いますので、まだ私は使ったことがないのですが、Chromebookの特徴と、どんな事ができ、どんなことできないのか、まとめてみましたので参考にしてください。

 

「Chromebook」の特徴

・価格が安価(30000~50000円程)
・起動やシャットダウンが速い
データをインタネット上のクラウドに保存
・ウィルスソフトが不要で常に最新のOSにアップデートされる
・Androidアプリが使える

 

「Chromebook」の魅力を挙げるとするならば、

・一番の魅力は安価
そして起動が早い10秒程度で起動する
Googleアカウトさえ持っていていればChromeで、どこででもも同じ環境下で快適に作業ができる
というところでしょうか。

 

「Chromebook」でできること
・メールはGmail
・Googleカレンダーで予定の確認、出欠連絡
・LineはChromeアプリ版で使用可
・オフィス系(文章作成や表計算など)は、GoogleDocs
・また動画や画像編集などもできるようです。
その他、大抵のことは代替アプリでできるようです。

 

「Chromebook」でできないこと
・Windowsで動くゲームやアプリケーションが使えない
・スカイプが使えない
・iTunesは使えない
などがだめなようです。

 

「Chromebook」は、2011年に韓国サムスンからノートパソコン(Chromebook シリーズ)の最初の機種「Series 5」(XE500C21)とAcer が AC700 (Chromebook) を教育機関に限っては発売していたのが最初のようですが、日本では 2014/11月頃から量販店でも購入が可能になっているようです。

それからWindowsXPなどの古いパソコンが余っている場合など、ChromeOSをインストールできるようですので、自分だけの「Chromebook」をつくることもできそうです。

またパソコンにインストールしなくてもUSBメモリなんかにもインストールができるようです。

 

いま、ちょっとパソコンを買い替えようとしている方、また2台目のパソコンを検討している方などは、この機会にChromebookを検討してみてはいかがでしょうか。

これからのパソコンの主流は、Windowsパソコンではなく、「Chromebook」パソコンになっていくような気がしていますので、まだパソコンを持っていないシニアなど、パソコンに興味はあるのだけれど、Windowsのパソコンは高価なんで躊躇している方など、この機会に安価な「Chromebook」を購入してパソコンライフを初めてみてはいかがでしょうか。

 

売れ筋「Chromebook」
Dell Chromebook 11 3120 – Celeron N2840
Acer Chromebook CB3-131-C3SZ クロームブック
ASUS Chromebook Flip ノートパソコン C100PA/
2017 Newest Lenovo Thinkpad 13 1366×768 Chromebook



コメントは受け付けていません。