「IoT」で遠隔オンラインパチンコ登場!パチンコ業界の革命の旗手たりえるのか?

「IoT」による遠隔パチンコは、業界に新たな可能性をもたらすか HARBOR BUSINESS Online/2018年4月17日

ついに始動したオンラインパチンコは、縮小傾向にある業界に革命をもたらすのか?

IoT技術によるパチンコ・パチスロ遊技機の遠隔遊技が、パチンコ業界を大きく変えるかも知れない。そんな可能性を感じるサービスの提供が始まった。

4月5日、GINZA Lounge ZEROにおいて、(株)IoTエンターテインメントは、IoT技術とパチンコ・パチスロを融合した新しいサービス提供の発表を行った。

サービス名は「Amulive(アミュライブ)」。業界誌の報道によれば、「同サービスは、サービス利用者がスマホやタブレット、PCを使ってオンライン上で、遠隔地にある実機(パチンコ・パチスロ)を操作して遊技できる新しいサービスだ。従来のインターネット上の遊技サービスでは、アプリやゲームのバーチャルが一般的だったが、アミュライブは実際の遊技機をライブで遊ぶことが可能となり、実機ならではの臨場感が楽しめる」という。

同サービスは、4月5日から正式にリリースされている。「Amulive」のサイト上には、2つの仮想店舗がある。店舗名は「熱っスロ オープン記念店」、「熱っスロ2号店」。現時点では、それぞれ70台、77台のパチスロ機が「設置」されている。機種構成は「アイムジャグラー」等の5号機の人気機種の他、一部4号機のスロット台も置かれている。

実際にプレイしてみると、ユーザーは、クレジットカード決済によるサイト内コイン「LP」を購入する。そのLPでメダルを購入し遊技をする流れ。

1000円で8000LPが獲得でき、メダル50枚が1000LPなので、実際のパチンコ店の感覚で言えば、「2.5円スロット」と同様の遊技が出来る。獲得したメダルは遊技終了と同時に、自動的にLPに換算され、保有LPが増える仕組みだ。

カメラの画像を通じた実機をオンライン上で遊技する感覚は、今までのオンラインパチスロのそれとは違い、確かに臨場感がある。

一方、通信環境にも大きく左右されるのであろうが、実際にパチスロ機でやる場合に比べ目押しの難易度は高くなっている。

IoTエンターテインメント側は、4月中には目押しアシスト機能を実装する予定であるとしており、今後、オートプレイ機能やチャンスボタン機能等の実装も視野に入れている。

今後、機能がより充実すれば、純粋な遊技としては「あり」なのかも知れない。

 

「レジャー白書2017」によれば、余暇市場は、70兆9,940億円、前年比2.0%減で、2016年のパチンコ参加人口は、前の年の1070万人から130万人減の940万人となり、過去最低値を更新したことが明らかになったそうです。

パチンコ参加人口は、2009年の1720万人から4年連続で減少した結果、2013年には1000万人の大台を割り込む970万人まで下落。翌2014年は180万人増の1150万人に回復したが、2015年から再び減少に転じ、今回、2年連続の減少でまたしても大台を割り込んだそうです。また2017年に厚生労働省2017年の調査によれば、ギャンブル依存症の疑いがある人が320万人にも上ると想定されるそうです。

そんなパチンコ業界に新たな革命の旗手となりえるのかどうかは分かりませんが、「IoT」技術を導入した「遠隔パチンコ」、「オンラインパチンコ」が登場したようです。

日本では法律で「ギャンブル」を認められていませんが、例外として公営ギャンブルの競馬、競艇、競輪などが法律で認可されています。

私はパチンコは若い時にはしたことはありますが、最近はうるさい所が苦手になってきました。ここ数十年はパチンコに行ったことはないのですが、同じ時期に退職した人は、退職後には年金以外にパチンコで稼ぎたいみたいな話も聞きました。

政府は、いま統合型リゾート(IR)整備推進法の施行によるカジノ解禁に向けて法律整備を準備していますが、ギャンブル依存症対策は重要な課題であると思います。ギャンブルやゲームには依存症はつきものであり、この対策を怠れば人は不幸へと向かっていくことになることもあります。

今回の遠隔パチンコ、オンラインパチンコのもたらすものは、ギャンブル依存症の人を増やす結果になるのは火を見るより明らかです。政府は、統合型リゾート(IR)整備推進などのギャンブル推進にかまけている時ではないと思います。

 

ギャンブルに魂まで奪われてはいけません。人は死ぬ時には、生まれてから死ぬまでの間の人生を1つ残らず、走馬燈のようにフラッシュバックして見せられると聞いたことがあります。そういうことがあるならば、きっと、ギャンブルにうつつを抜かしていた人生を悔いることになるのではないかと思います。

「IoT」「AI」などの最新技術は人々を幸福にするモノやサービスに使うべきであって、ギャンブルなど人を堕落させる方向で使われるべきではありません。

この記事が、企業の方や、これから起業する方に「IoT」「AI」の使い方を考えるための一助になれば幸いです。



コメントは受け付けていません。