AIロボットの進化と人間の未来

ボストン・ダイナミクスのAtlas君、外をランニングして障害物をジャンプで避ける
© ギズモード・ジャパン 提供 Image: BostonDynamics/YouTube

朝飯前に、軽く一汗流すかのよう。

かつて華麗なバク宙を披露した、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)の二足歩行ロボット「Atlas」君。

あれから運動性能が向上し、今度は山野をランニングできるようになりました。地面に転がった丸太だって、ヨイショ!っとジャンプで跳び越します。

平坦ではない地面を、自立歩行でここまで進めるのは今のところ彼だけではないでしょうか?

これまでイジワル人間にジャマされまくり、せっかくのお披露目で舞台に上がったのにズッコケて落っこちたりと、苦難の道を歩まされていたAtlas君。でも厳しい修行が実を結び、こうした能力を開花させたのです。

これまでを知っていると、なんだか感慨深いものがありますよね。このままどんどん進化していけば、いつかロケットパンチやブレストファイヤーなんかも出せるようになるかもしれません。

「SpotMini」も新技をお披露目

そしてAmazonのCEOジェフ・ベゾスとお散歩していた犬型ロボ「SpotMini」も、最新映像が登場しました。ナビゲーション・マップに従い、リアルタイムで録り込んだヴィジュアルから周囲の障害物を回避しつつ社内を散歩します。

ドタドタと階段を登る様がまた微笑ましいですね。しかも降りるのはお尻からという新たな芸を見せてくれました。

「SpotMini」は一度、社内のあらゆる所をマニュアルで歩かせています。それにより、前後左右に搭載されたカメラから得た情報で自ら地図を作成しているのです。まるで生きものが自然にやっているようなことを、機械式にマネしているんですね。

ちなみに社内の柱などに貼られたQRコードは、ロボットに指示を与えるのではなくパフォーマンス性能を計測するためのものだそうです。おそらくA地点からB地点までの、距離と時間をロボットに記録させるマーカーみたいなものかな?と思います。

これを見ていると、我が家の中もウロチョロしてて欲しいなぁーなんて思ってしまいました。いつか「MiniSpotMini」としてぜひとも市販化を!!

Source: YouTube(1, 2) via engadget


AIロボットの進化が留めなくなってきているようです。

人間型にしろ、犬型ロボットにしろ、動きがスムーズで、外側を実物と同じようにすれば、そのまま実用化できるまで進化しているようです。

また、googleやテスラでは自動運転自動車の開発もかなり進んでいます。

これらAIの進化の先は何が待っているのでしょうか。

人間から仕事を奪う未来が待っているのか。

それとも人間と共存する未来が来るのか。

個人的には、AIやロボットには、アイデアとか発想、企画といった仕事はできないのではないかと思っていますが、おそらくは、そういった仕事自体は残っていくのではないでしょうか。

しかし、AIやロボットが代替できるような仕事はこれからどんどん無くなっていくと思われます。

欧米の仕事に対する”働くのは悪”という価値観と、日本人の良い仕事をすることは美徳、仕事に魂を込める、という価値観とは、まったくベクトルが異なります。

労働性悪説と労働性善説の闘いはこれからも続いていくのでしょうが、私は、日本人であるので、やはり仕事に魂を込めるような仕事をし、この人生を輝かしいものにしたいと思っています。

やはり、ロボットやAIには、「魂を込める」といった仕事はできないと思います。

最近では人生百年時代とも言われています。

100歳になったときに、AIやロボット、量子コンピュータなどの進化によって、どのような未来社会が到来しているのでしょか。

輝かしい未来か、それとも人間がAIやロボットに支配されているような未来なのか。

やはり、AIやロボットは、人間を幸福にするもであって欲しいと願っています。

そうでなければ、何のための進化なのでしょうか。

単なる物理的な、技術だけの進化を追い求める先に未来はないと思います。

人間は、一体どこに向かっていくのかを考えさせられる、AIロボットの最新動向です。





コメントは受け付けていません。